2023年3月始まりの手帳を含む2,000円以上の購入で「楽しいふせん」プレゼント!

Coffee Canister 工房アイザワ 珈琲缶 S

商品番号 hd3805
¥ 4,070 税込
37 ポイント
カラー 選択してください
フリー
  • -
コーヒー好きも納得の保存容器
新潟県燕市にある「工房アイザワ」のコーヒーキャニスターです。ステンレス製密閉性を高め、酸化や風味の劣化を抑えておいしくコーヒー豆を保管できます。もちろんコーヒーに限らず、紅茶のティーバッグやナッツを入れたり、小物の収納に使っても。Sサイズは220gまでのコーヒー豆・粉が入る大きさです。
サイズパッケージ / 幅11.5 × 高さ12.0 × 奥行11.5 (cm)
本体 / φ11.0 × 高さ12.0 (cm)
素材18-8ステンレススチール
生産日本
パッケージ紙箱入り
備考容量約550ml(コーヒー豆・粉なら約220gほど入ります)
注意事項
・【ご使用前に】食器用洗剤でよく洗ってからご使用ください。
・【ご使用後は】食器用洗剤など汚れを良く洗い落としてから、水分をよくふき取り乾燥させてください。
・普段のお手入れは洗剤を付けたスポンジ等で洗ってください。(スチールタワシや磨き粉等のご使用は傷をつけますので避けてください。)
・塩、酢、強度の酸性食品の使用・保存は避けてください。腐食の原因になります。
・縁まで水等をみたした状態で使用しないでください。
・長時間料理を保存しないでください。
・食器洗浄機は使用しないでください。
取扱店舗ついて
「直営店限定」商品を含め、実店舗では取扱がないものもございます。店舗にお越しいただく際は、事前にご利用店舗までお問い合わせください。
→ 店舗一覧はこちら

Coffee Canister | コーヒー好きも納得の保存容器

どんなインテリアにも馴染む、ツヤ消しのマットな質感が魅力の「工房アイザワ」のコーヒーキャニスターです。無駄のない無骨なデザインでありながら、どこか愛嬌があるフォルムが特徴です。

ステンレス製で光を通さず、また、しっかりと蓋が閉まるよう設計されているので、豆の酸化や風味の劣化を抑えてくれます。見た目が美しいだけでなく、おいしくコーヒー豆を保存することができるのは嬉しいですね。もちろん、コーヒーに限らず、紅茶のティーバッグやナッツを入れたり、雑貨や小物の収納に使うのもおすすめ。2つのサイズをご用意していますので、用途に応じてお選びください。


大小2つのサイズをご用意しました。コーヒーでしたら、小さいサイズは約220g、大きいサイズは約300g入ります。直径はどちらも同じなので、サイズ違いで揃えて使っても。

広口タイプで中身が取り出しやすいので使い勝手が良いです。

開け閉めしやすいハンドル付きの蓋。

蓋の重みで、隙間なくしっかりと蓋が閉まる設計。豆が空気に触れる量を減らし、コーヒーの酸化や風味の劣化を抑えてくれます。

本体の底にさりげなく「工房アイザワ」のロゴが入ります。



工房アイザワについて

大正11年創業。金物産業で名高い新潟県燕市に本拠地を置く老舗メーカー。手廻し機械と手仕事を併用したものづくりの製法を大切にしながら、装飾性をそぎ落とし、機能性も佇まいも美しい日々の生活になじむ道具を生み出しています。


商品詳細

サイズ HD3805(S)
パッケージ / 幅11.5 × 高さ12.0 × 奥行11.5 (cm)
本体 / 直径11.0 × 高さ12.0 (cm)
HD3806
パッケージ / 幅11.5 × 高さ15.0 × 奥行11.5 (cm)
本体 / 直径11.0 × 高さ14.5 (cm)
素材18-8ステンレススチール
生産日本
パッケージ紙箱入り
備考HD3805(Sサイズ) / 容量約550ml(コーヒー豆・粉なら約220g)
HD3806 / 容量約750ml(コーヒー豆・粉なら約300g)

注意事項

・ご使用前に、食器用洗剤でよく洗ってからご使用ください。
・ご使用後は、食器用洗剤など汚れを良く洗い落としてから、水分をよくふき取り乾燥させてください。
・普段のお手入れは洗剤を付けたスポンジ等で洗ってください。(スチールタワシや磨き粉等のご使用は傷をつけますので避けてください。)
・塩、酢、強度の酸性食品の使用・保存は避けてください。腐食の原因になります。
・縁まで水等をみたした状態で使用しないでください。
・長時間料理を保存しないでください。
・食器洗浄機は使用しないでください。
当店では在庫管理システムにより複数のオンライン店舗の在庫を共有しております。ご注文の殺到やアクセス集中により在庫数の更新が間に合わず、実際の在庫と誤差が生じる場合がございます。また検品時の不良品発覚などにより商品のご用意が出来ない場合がございますので、あらかじめご理解・ご了承ください。